『ザ・デイ・アフター・ピース』はこんな映画が好きな人におすすめ!

11.8.2014

社会科シネマ1『ザ・デイ・アフター・ピース』の開催まであと一週間となりました!

 

前回は、劇場未公開映画には質が高くて面白い映画もたくさんある!という話題を書きました。

とはいえ、当然ながらウェブ上で見つかる作品情報やレビューなどは劇場公開映画に比べて遥かに少なく、観るかどうか判断しにくいのも確か。

 

というわけで今回は、『ザ・デイ・アフター・ピース』はこんな映画が好きな人にオススメ!というお話です。

(作品の基本情報は上映会ページでご確認ください。)

 

まずはマイケル・ムーア監督の作品です。

一昔前に比べてドキュメンタリーは随分と一般的になりましたが、そのきっかけのひとつが『ボウリング・フォー・コロンバイン』ではないでしょうか。

コロンバイン高校の事件はなぜ起きたかを、監督本人が体当たりで探っていくという作品ですが、信念を持って突き進む姿勢は、『ザ・デイ・アフター・ピース』のジェレミー・ギリと重なります。

ちょっと電波少年的なノリも似ていますが、マイケル・ムーアが実はシニカルでエゲツない攻撃性を秘めているのに比べて、ジェレミー・ギリは爽やか!

特定の誰かを攻撃することなく、ひたすら実直にピースデイの実現だけを目指します。

 

次に挙げるのは、監督自身が30日間マクドナルドの製品だけを食べ続ける実験を記録した『スーパーサイズ・ミー』で大きな話題となったモーガン・スパーロック作品です。

モーガン・スパーロックは他にも、本気でビンラディンを探して世界を飛び回った『ビンラディンを探せ!』などを撮っていますが、とにかく気になったことをガムシャラに追求してしっかりと一定の成果をあげるところがジェレミー・ギリと共通します。

 

上に挙げた中に好きな作品、気になった作品があった方は迷わず『ザ・デイ・アフター・ピース』を観に社会科シネマへ!

きっと楽しめるはずです!

 ⇒ 上映会ページ

Please reload

Please reload

【アーカイブ】

今後の上映会
M_flyer_omote_last.jpg
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now