第一回 時計のない上映会

『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』 2018年4月21日(土)

​【チケット完売しました】

おいしいコーヒーと素敵な空間で、映画と余韻をゆっくり楽しむ上映会。

北18条のカフェ「時計のない喫茶店」で開催です。

一.受付を済ませる。

二.お席に着く・

三.お飲み物とポップコーンでひと息つき、上映を待つ。

四.映画を堪能する。

五.余韻を味わう。

  おひとり様で。お連れさまと。居合わせた人と。

​  ※お飲み物を追加でご注文いただくことも出来ます。

 

第1回目の上映作品は過去の上映会でご盛況いただいた『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』
サンダンス映画祭審査員特別賞受賞の傑作をぜひお楽しみください。

【作品紹介】

人気バンド、ベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードックが、監督・脚本を務めて映画化したミュージカル。拒食症により入院中の少女が、ひょんなことから出会った男女と音楽活動に乗り出し、恋や友情の素晴らしさをかみ締める。『ポンペイ』などのエミリー・ブラウニング、『ウィークエンドはパリで』などのオリー・アレクサンデル、『殺しのナンバー』などのハンナ・マリーらが共演。思春期の痛みと輝きに迫った物語に加え、ポップでファッショナブルな語り口にも注目。

【ストーリー】

スコットランド、グラスゴー。拒食症の治療で入院しながら、たった一人でピアノに向かっては作曲に没頭するイヴ(エミリー・ブラウニング)は、街へと飛び出してライブハウスに行く。そこで彼女は、アコースティックギターを手にしたジェームズ(オリー・アレクサンデル)と知り合う。やがて彼にキャシー(ハンナ・マリー)という少女を紹介され、三人で音楽活動に乗り出していく。こうして音楽と青春と友情を謳歌(おうか)するイヴだったが……。

"God Help the Girl" 公式サイト http://godhelpthegirl.club/
111分 / 2014年 / 英  2014年サンダンス映画祭審査員特別賞
監督・脚本 : スチュアート・マードック
制作: バリー・メンデル
出演:エミリー・ブラウニング / オリー・アレクサンデル / ハンナ・マリー
配給: アット エンタテインメント /配給協力 : 武蔵野エンタテインメント
(c)FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

​【チケット完売しました】

▼第一回 時計のない上映会『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』
【日時】

2018年4月21日(土)

①13:00~

②19:00~

定員:各回20名

【料金】

2,000円(1ドリンク、ポップコーン付き)

【チケット販売】

時計のない喫茶店

予約・お問い合わせ】kinomado@gmail.com

今後の上映会
M_flyer_omote_last.jpg
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now